交通事故や傷害事件などにあったら

 交通事故や傷害事件など第三者(自分以外の人)が原因として治療を受けることになった場合でも、国民健康保険(国保)を使うことができます。ただし、
  • 仕事上の病気やケガ
  • 犯罪行為や故意の事故
  • けんかや泥酔による病気やケガなどは、国保が使えないことがあります。

早めに届出を
(国民健康保険法施行規則第32条の6に規定)

 交通事故や傷害事件などで国保を使って治療を受けるときは、必ず「第三者行為による被害届」を町・村の国保担当窓口へ提出してください。「第三者行為による被害届」は担当窓口にあります。

注意事項

 交通事故等で国民健康保険によって診療を受けたにもかかわらず、届出や何の連絡もないような場合は、給付の制限など不利益な取り扱いを受けることがありますので、ご注意ください。

届出に必要なもの

  • 保険証
  • 印鑑
  • 事故証明書(後日でも可)

示談の前に必ずご相談を

 加害者から治療費を受け取ったり、示談を済ませてしまうと、その取り決めが優先して、国保が立て替えた医療費を加害者に請求できないときがあります。
 その場合、被害を受けた被保険者に返還していただくことがありますので、まず国保担当係にご相談ください。
このページの情報に関するお問い合わせ先
後志広域連合 国民健康保険課TEL:0136-55-8012