介護保険制度とは

介護保険は老後の安心をみんなで支えます。

  • 介護保険は、介護を要する状態となっても、できる限り自宅で自立した日常生活を営めるように、必要なサービスを総合的・一体的に提供する仕組みです。
  • 介護問題は、切実なものとして誰にでも起こり得ることがらであり、40歳以上の方全員が保険料を納め、公平に制度を支えています。

「第1号被保険者」65歳以上の方

 第1号被保険者は、原因を問わず介護や支援が必要であると「認定」を受けた方は、サービスを利用できます。

「第2号被保険者」40~64歳の方

 第2号被保険者は、介護保険で対象となる病気(特定疾病)が原因で介護や支援が必要であると「認定」を受けた方は、サービスを利用できます。
  • ​​​​​​​特定疾病には、「初老期における認知症」「関節リウマチ」「末期がん」などの16種類の病気が定められています。それぞれの病気に診断基準が設けられていますので、要介護認定の申請の前に、主治医に相談しましょう。

介護保険の保険証

  • 65歳以上の方1人に1枚ずつ保険証が交付されます。
  • 40歳~64歳の方は、要介護認定を受けた方に交付されます。
  • 要介護認定の申請をするとき、サービスを利用するときなどに使用します。

介護サービスを利用するためには要介護(支援)認定が必要です。
このページの情報に関するお問い合わせ先
後志広域連合 介護保険課TEL:0136-55-8013