介護保険料について

 65歳以上の方の介護保険料は3年ごとに見直され、平成27年度は改定の年となります。
これまでは、広域連合の町村別に保険料を設定しておりましたが、平成27年4月以降の保険料は平成26年度保険料と比べ、介護を必要とされる方が増え、介護に要する経費の増加が見込まれるため、すべての町村で保険料が上昇することとなります。
 これまでのように町村別に保険料を設定し、財政運営を行うと、今後見込まれる団塊の世代の方たちが75歳を迎える2025年に向けて、急激な保険料の上昇が予想されます。
このことから、長期的な視点に立ち、安定した財政運営を行うため、関係町村と協議を行い、第6期事業計画(平成27年度から平成29年度)において保険料を統一することとしました。
所得段階別の第6期介護保険料は、下記のとおりとなっております。
所得段階 対象者 保険料率 年間保険料
第1段階 ・生活保護受給者
・町村民税非課税世帯の老齢福祉年金受給者
​​​​​​​・町村民税非課税世帯で、本人の前年の合計所得+課税年金収入が80万円以下の方
基準額の45% 28,800円 (注1)
第2段階 町村民税非課税世帯で、前年の合計所得+課税年金収入が80万円を超え120万円以下の方 基準額の75% 48,000円
第3段階 町村民税非課税世帯で、前年の合計所得+課税年金収入が120万円を超える方 基準額の75% 48,000円
第4段階 本人は町村民税非課税だが、世帯の誰かに住民税が課税されていて、本人の前年の合計所得+課税年金収入が80万円以下の方 基準額の90% 57,700円
第5段階 本人は町村民税非課税だが、世帯の誰かに住民税が課税されていて、本人の前年の合計所得+課税年金収入が80万円を超える方 基準額の100% 64,100円
第6段階 本人が町村民税課税で、前年の合計所得金額が120万円未満の方 基準額の120% 76,900円
第7段階 本人が町村民税課税で、前年の合計所得金額が120万円以上190万円未満の方 基準額の130% 83,300円
第8段階 本人が町村民税課税で、前年の合計所得金額が190万円以上290万円未満の方 基準額の150% 96,100円
第9段階 本人が町村民税課税で、前年の合計所得金額が290万円以上の方 基準額の170% 108,900円
注1:平成27年度から第1段階の方は公費による保険料の軽減が図られ、年間保険料が32,000円から28,800円に軽減されております。
このページの情報に関するお問い合わせ先
後志広域連合 介護保険課TEL:0136-55-8013